この辺では有名な女子校生ビッチちゃんの黒髪巨乳な橘りえがイキまくる

この辺では有名な女子校生ビッチちゃん☆橘りえ黒髪巨乳という作品を読んでみたのですが、制作元である青水庵から出た他の作品サンプルがいっぱいでびっくりしました。

ちょうど本編ファイルの上に出てきたから、思わずそっちから読んじゃったんですよね。

勢いで、色んな作品に手が出てしまいそうな衝動を抑えつつ、この辺では有名な女子校生ビッチちゃんに注目しました。

簡単に言うと、パッと見が清純派に見える黒髪巨乳な橘りえがイキまくるというお話です。

彼女のスペックは、まるで落書きみたいに初っ端のページに書かれてあります。

JKの橘りえは、年齢は誤魔化されていて、頭は悪いけど健康で、男大好きなビッチだという事がよくわかりました。

むっちむちのぷにぷにな彼女は、男子生徒達の良いオカズになっています。

尻軽ではないとかイミフな事を考えている清純派ビッチな橘りえは、ブログを書いているみたいですね。

どうやら彼女はコンビニでバイトしているみたいで、思いきり発注ミスをして店長に怒られています。

そこで仕方無いから、激エロパンツを晒して店長を誘惑し、全てを無かった事にシテ貰おうとします。

一応、りえには彼氏がいるのですが、ここはやむを得ません・・・て事で、フェラ開始。

結局、この娘、何かある事にフェラとかエッチとかしちゃうみたいですね。

まあ、既にこの辺では有名な女子校生ビッチちゃんになっているから当たり前です。

今回も彼氏がいるからとお口だけで終わろうとしていた橘りえさんですが、やはり身体が疼いてきました。

そのもじもじした態度が、店長の性欲をさらにパワーアップさせています。

そして口に白い粘液を出されるだけで、軽くイっちゃってるりえは、もうセックスしたくてたまらなくなっていました。

さすがはこの辺では有名な女子校生ビッチちゃんという感じで、彼氏とかどうでも良くなってますね。

ヤル気に満ちあふれてしまった店長は、りえを机に押し倒してハメようとします。

そんなわけで、超美少女なのに痴女というバイトに手を出す店長さん。

でも、これは完全にお互いに合意の上というから、超絶に楽しそうですね。

どう見てもビッチでやりまくりな女子校生だと思っていたのに、意外とキツキツで余計に盛り上がる店長さんは大暴走。

とは言え、りえの方も思わず気持ち良すぎて締め付けまくり、アヘ顔を晒しまくっています。

アラフォーオヤジの店長は、この辺では有名な女子校生ビッチちゃんの術中にはまり、今は、ただ腰を振る事しか考える事ができません。

コンビニの仕事中にえっちしちゃってるという感覚が、彼女達を余計に快感に導いているみたいですね。

もう彼は、りえの事を毎日シフトに入れて、がんがんハメまくる事を決定している模様です。

確かに、こんなエロくて可愛い女の子がバイトに来たら、色々と最高だと思います。

と言うか、彼氏の話は一体何処に行ったのでしょうね。

それよりも仕事のミスなんて話も、もはやそっちのけ状態です。

この辺では有名な女子校生ビッチちゃんがイキまくる事で、何もかもが解決するわけですね。

おまたも頭もゆるゆるな女子校生とヤリながら、毎日が楽しくなると勝手に予想する店長。

そんな妄想を繰り広げながら、彼は何度もビッチちゃんをイカせまくります。

ここに来て、さっきの発注ミスをネタに言葉攻めを加えて、さらなる快感を与えちゃいます。

するとバイトのJKは、わけがわからないくらい身体をびくつかせて絶頂しまくるのです。

とりあえず、この辺では有名な女子校生ビッチちゃんは、全身が性感帯と言えるくらい敏感でした。

それにしても、このおっさん、なかなかイキませんね。

もう黒髪巨乳女子校生は、何回イったかわからないくらいなのに・・・。

とか思っていたら、いきなりの中出し宣言で笑いました。

もう心も身体もとろとろなりえは、それをあっさりと承諾します。

直後、豪快に膣内に白濁液を炸裂させた店長は、どうやら初めての中出しだったみたいで感動していました。

こんなに簡単にイカせる事ができる極上のJKとか、簡単に見つかりませんよね。

何か、もうお店の中がドロドロ状態になってますが、本当に良いのかな?と読みながら心配しました。

何かの机の上だと思っていたら、りえが横たわっている場所は、レジカウンターだった事が発覚。

ううむ、この間、お客さんが来なかったのは作品上の都合だと勝手に判断しておきます。

このこの辺では有名な女子校生ビッチちゃんは、バイト先以外でも、積極的に気持ちイイ事をしちゃいます。

例えば、学校のテストで悪い点を取った時は、とりあえず先生に色仕掛けして・・・

・この辺では有名な女子校生ビッチちゃん【青水庵】