大家さんが家賃を取立てに来たが熟女プラスアルファな漫画だった

大家さんが家賃を取立てに来たには、どうやら前作があるみたいですね。

読み始めて、いきなり大家さんの娘である碧ちゃんとヤって家賃をチャラにした話があるとか書いてあり、少し驚きました。

いやあ、単純に熟女漫画かと思って大家さんが家賃を取立てに来たを読もうと思っていたのですが、何気に違うんですね。

最初に軽くネタバレしておくと、熟女というか人妻にプラスアルファがある漫画でした。

そんなわけで主人公の部屋に大家さんが家賃の取り立てに来る所からスタートです。

この人、高城青子さんは、今は旦那と離婚して独り身というか娘の碧ちゃんと暮らしています。

年齢の割に若々しくてむっちむちの巨乳美熟女なので、主人公は憧れているのです。

ここで彼は空気を読まずに碧ちゃんとHして家賃をチャラにした話をしてしまいます。

するとキレた青子さんは、碧と同じ条件を突きつけてきて、今度はこの人とHする事になりました。

どっちにしても、この男は気持ちイイ事になるというから、とても羨ましい上にけしからんですね。

とにかく、大家さんが家賃を取立てに来た結果、熟女フェラが始まってしまいました。

さすがは人妻だっただけに、彼女のバキュームパワーは半端ありません。

激しいじゅぼじゅぼ攻めに若い男は、あっさりと口内に白濁液をぶちまけてしまいます。

ひょっとこ顔で射精を受け止める大家さんが笑えそうな顔をしていますが、これが逆に良いエロさを引き出してますね。

久々のザー汁の味に酔いしれている大家さんは、まだまだ飲み足りない様子です。

こうなったら勿論、本番の時間がやってくるわけですが、この人、まさかのノーパンでした。

彼の部屋へ家賃を取りに来る時は常にこのスタイルだったと、衝撃の告白まで飛び出しました。

この大家さん、実はかなり性欲を持て余していたみたいです。

ただ、大家さんが家賃を取立てに来たという名前の漫画だと、別にHな感じがしませんが、中身は綺麗な熟女とめちゃくちゃヤリまくるお話ですね。

そして彼女を後ろから思いきり突き上げる主人公は、欲求不満な大家さんをアヘらせまくります。

このように、大家さんが家賃を取立てに来たという漫画は、ハードな表現と極端なアヘ顔が特徴のHシーンが満載です。

熟女でも、この人、全然余裕がなくて喘ぎまくっている所が良い感じですね。

と言うか、強烈に中に出してしまってますが、本当に良いのでしょうか。

フェラから後ろからのプレイを楽しんだ2人ですが、まだまだ家賃には届いていない模様です。

青子さんは、まだまだヤリたいらしく、大股開きで男を誘惑してくるわけですね。

大家さんが家賃を取立てに来たは、普通に二次元熟女が好きなら、深く楽しめる作品だと思います。

この青子さん、まるで若い人のように新鮮な反応を示してくれて、さらに豪快にイキまくってくれるという幅広い感じ方をしてくれるので飽きません。

で、次はオナニー強要プレイで、見られながら自慰行為に没頭させ、そのまま絶頂させる展開でした。

とりあえず大家さんが家賃を取立てに来たは、白目アヘりが全体的に存在するので、盛り上がり方が凄いですね。

でも衝撃的なのは、この熟女さん、いきなり母乳を放出しちゃった事です。

乳首攻めだけでイっちゃうというナイスな反応を見せた青子さんは、気持ち良すぎると出ちゃうとの事。

事ある毎にアヘるという、その様子はマジでエロ過ぎです。

そしてひとしきりヤル事をやったら、最初から存在感があった後ろの穴を広げに掛かる主人公。

絶対にあるだろうなあと思っていたお尻プレイとなります。

ここでも大家さんは、とんでもなくテンションが上がり、ケツアクメでフィニッシュでした。

挙げ句の果てにお漏らしプラス白目アヘ顔とか、まさにイキ狂いですね。

で、大家さんが家賃を取立てに来たは、ここまで完璧に熟女カーニバルですが、まだプラスアルファな要素があるのです。

何度も射精、絶頂、アヘ顔と連発してきて、もう終わりかなと思っていると、さらなる来客が登場となりました。

青子さんの娘の碧ちゃんが怒り狂いながらの乱入です。

大好きなお兄ちゃんが母親とヤってるとか知って、青子を罵倒しまくる碧ですが、結局、3Pする事で納得します。

大家さんが家賃を取立てに来たの最後を飾るのは親子丼プレイとなります。

母娘がくぱぁして、主人公に迫ってくる様子は、もはや何事か理解不能レベルですね。

と言うか、碧ちゃんのアソコがツルツルなのには、ある意味ビックリしちゃいました。

巨乳パイパン娘と熟女の共演に、両手攻めで応戦する主人公は、2人同時に絶頂へと導いて上げちゃうという行動を選択しました。

アヘる顔も親子そっくりという所も、大家さんが家賃を取立てに来たのちょっとした見どころかもしれませんね。

・大家さんが家賃を取立てに来た【凡悩堂】